2017年7月26日 (水)

ポーセラーツ猫好きさんへの贈り物

長崎資格も取れる大人可愛いお稽古サロン
アングレーズ

長崎県長崎市葉山
JR道ノ尾駅徒歩5分
長崎バス道ノ尾バス停徒歩2分
駐車場完備
AnglaiseMenu
ポーセラーツとは
ポーセラーツレッスン
グルーデコ
ドッグチョーカー
ラッフルハンドルバッグ
フリリーバッグ
縫わないツイードバッグ
縫わないスマホケース
縫わないツイードポーチ
縫わないキーケース
ウェットティッシュケースデコレッスン
お問合せフォーム

縫わないスマホケース通信レッスン予約受付中

先週末はながよdeおしゃれマーケットに出店
してきました
実は私イベントは初挑戦で、今回は一回り年下の
可愛いお友達に誘ってもらいました
ご来場いただいた方ありがとうございました
ステキな作家さんたちも沢山いて
ゲラゲラと笑いながらあっと言う間の1日でした
生徒様作品

可愛い猫ちゃんの転写紙でお皿をおつくりに
なられました
猫好きなお友達への贈り物だそうです。
この猫ちゃんの表情たまらない
私もサロン用に作ろう

レッスン日程
火曜、水曜、木曜10時20時
月曜、金曜16時
土曜、日曜10時20時
お気軽にお問い合わせ下さい。
出張レッスンも行っております。

インスタグラムではサロンの事、他色のせてます

ただいまアングレーズでは

新規生徒様募集中です

レッスン、オーダーも受付中
お気軽にお問い合わせ下さい
お問合せフォーム

LINE始めました

お問い合わせがスムーズなので

こちらからもどうぞ

バナーをクリックしてみてください

登録しただけではこちらからはわかりません。

2017年7月25日 (火)

なんだ

■バイオリン54台破壊容疑=制作者の元妻逮捕―愛知県警
(時事通信社 - 07月25日 17:00)

中村屋与太郎813東Yボカロクリティ

中村屋与太郎813東Y
ボカロクリティークボカロ批評は総発行約部なので叶姉妹を超えてます!!
頒布部数?
察しのいいガキは嫌いだよ。

ちゃんと準備してますか?

あなたに不遇の時期はありましたか?

もしかしたら今、真っ最中かもしれませんね。
でも、そんな時ってどう思ってますか?
自分には運が無い。
やっぱり無理か。
自分には才能が無いんだ。
今やっていることは間違っているのか。
どうすればいいのかわからない。
結果が出てない時はたくさんの不安が出てきます。
でも、不安はあなたにとって良いものをもたらしません。
そうは言っても自分はポジティブシンキングは苦手だし、、、
という人に有効な解釈を紹介したいと思います。
それは、今は準備期間だと捉えること。
今、成功している人だって初めから成功できた訳じゃありません。
期間は人それぞれだと思いますが、必ず耐え忍ぶ準備期間があったはずです。
そこを耐えられたからこそ今があるのです。
結果が出せてない今だからこそ、
準備をしっかり継続していきましょう()
一つ、注意が
準備ばかりして行動が伴わないとダメですよ
行動してくださいね
メルマガ仕事のパフォーマンスを高めたい
魅力ある自分になりたい
メンタルを強くしたい
そんな悩みを持つ人に送る無料メルマガ
成果を出す人の特徴とは
今すぐ無料で登録する

Twitter
Twitterはこちら
毎日一つ、プラス感情に繋がる言葉をつぶやいています。

体験コーチング
自分が本当にやりたい事を見つけたい。
仕事でスポーツで結果を出したい。
目標を達成したい。
メンタルを強くしたい。
そんな人の為のサポートをコーチングを通して行っています。
でも、コーチングって何という方の為に体験して頂く事が可能です。
ご予約はこちらから

対面またはskypeにて
対面の場合、場所は都内となります。

2017年7月24日 (月)

これといって

■安倍首相、加計から依頼否定=特区申請「知ったのは1月」―衆院予算委
(時事通信社 - 07月24日 11:01)

閉会中の予算委員会。安倍総理もついに出

閉会中の予算委員会。安倍総理もついに出てきて、前川、和泉、藤原の諸氏も出席して開かれています。とりあえず、二点だけ感想を書きます。
規制改革推進派の八田教授特区諮問会議議員が規制緩和の重要性と、それを阻止してきた文科省への批判を詳細に述べたのが注目されます。守旧派の文科省幹部がせっかく規制改革を推進している安倍内閣を揺るがそうとしている以上、身を挺して守ろうとするのは気持ちだけは理解できます。悲劇的ですが。
しかし、聞いていて痛感するのは、特区という制度が規制緩和の手法として相当問題があるということです。つまり、既得権を打破するといいつつ、特定の事業者を特定して規制を免除するというのは、どうしてもその事業者への利益供与になってしまうからです。
しかも、大串議員の質問では、問題の昨年9月、10月の時期には、安倍総理と加計学園理事長が頻繁に会食したりゴルフしたりしているそうです。安倍総理は、そこでも獣医学部新設の件の話はいっさいなかったという信じがたい答弁をしています。
いくら岩盤規制に突破口を開けるためとはいえ、特定の事業者に限定して規制を免除するかどうかというやり方は限りなく利益供与になりやすい制度である以上、諮問会議の議長でもある総理と親密な関係にある事業者を扱うこと自体で疑われて当然だし、少なくとも、その期間は会食したりするなどの関係を慎むのが当然です。そういう配慮もせず、公正な判断だったというのは無理な主張です。しかも、総理のお友達たちだということは関係者がすべて知っているわけで、最高権力者の意向を任命された人たちが忖度したと考える方が当然です。
立場上やむをえないとはいえ、規制緩和推進派の人たちが安倍総理のこうした利益誘導を身を挺して守ろうとしているのは悲劇的ですね。総理のお友達に特区を認めるのはいくら形式上問題はないとしても適切ではないという助言すらできない関係だったということでもあります。
もう一点、前川前次官と和泉補佐官との食い違い、総理は言えないから私が代わって言うのだ発言ですが、和泉氏は記憶がないから言っていないと思っていると答弁しましたが、記憶がない以上、行ったか言わなかったかわからないはずです。それを、記憶がない以上言っていない、と言い切ったのはきわめて不自然で、政治的な発言だということが明らかです。また、規制緩和を進めろというのが総理の意向だったという和泉氏の主張も、それなら総理は言えないはずがないので、お友達の案件だから言えない、と理解しないと意味が通りません。この場合、特区を進めろ、という主張がそのまま加計学園の件を進めろになってしまう構造が問題なわけです。こういう状況で、総理は特区一般については号令をかけたけど加計学園の案件については号令をかけなかたなどという区別はしようがないはずです。
こうした食い違いがあるので、両者を証人喚問であらためて証言させるべきだという提案に対して、安倍総理は国会がお決めになること、といういつもの逃げ口上でした。予算委員長も委員会の理事会で自主的に決める政党政治が存在せず、議員が個人判断で動いているかのようにと偉そうに言ってましたが、これは議院内閣制を理解しない日本独特の屁理屈です。
議院内閣制では、総理は与党の党首でもあるわけで、与党の党首として与党議員への指揮権を持っている以上、少なくとも自民党総裁としては証人喚問を行うべく指示するということは言えるはずです。それを、内閣と与党は違うから、与党が国会でどう動くかについて総理総裁が介入すべきでない、などというのは、三権分立の俗流解釈を盾にした屁理屈というしかありません。
ちなみに、司法の独立は別格として、議院内閣制においては、国会多数派与党と内閣とは一体であって、与党党首総理が国会多数派と内閣の両方を仕切るのは当然のことです。国会は国会で議論をするとしても、与党党首がきちんと方針を出すのは当然のことです。総理だから国会のことに口を出せない、などというのは議院内閣制の無理解、というより無理解を装った逃げにすぎません。
この三権分立の俗流解釈については、野党の方も自覚していないので、追及が中途半端になっていると思います。

誰に微笑みかけようかしら

 今朝、ノートルダム・ラジオをつけたら、ある女医さんのインタビューをやっていた。その後すぐにその番組が終わってしまったから、彼女がどこの病院で、何科で働いているのか分からなかったし、番組の趣旨も分からなかったけど、彼女が最後にした話だけが、私の耳に届いた。
 「その方の娘さんが、『母はもう、歳をとって何もしなくなった。料理もしないし、出かけもしない。』と自分の母親の老いを哀れんで私に話しました。そうしたら、お母さんのほうが、『あら先生、そんなことないんですよ。私は、毎朝起きるとき、『さあ、今日は誰に微笑みかけようかしら』って思って起きるんですのよ。』とおっしゃったんです。」
 仏教だと和顔愛語だったかな?
 そのおばあさんは、歳をとってなにもできなくなったけど、和顔をなさることを楽しみにして生きてらっしゃる。
 そういうふうになりたいなあと思った。

2017年7月23日 (日)

久しぶりの参加(*´ー`*)

今日は午前中、町内子供会ドッジボール大会に参加してきました次男は総当たり予選で1勝3敗(´д`|||)。長男は1次リーグ2位で準決勝リーグ行けたけど全敗m(。≧Д≦。)m。惜しかったなぁ〜(´・c_・`)。4試合ともよく頑張りました

タイムライン見る感じ来週あきゆかのお話

タイムライン見る感じ来週あきゆかのお話みたいだし、週末はグランギニョルだしで楽しみすぎるから今週も頑張るぞー!にちようび

うちなーほろほろ)背後から視線

『ホントウアカヒゲ(本島赤髭)』
ツグミ科
方言名:あかちょっちょろー
別名:
英名:Ryukyu robin
分布:沖縄県(本島北部)
生態:渓谷や渓流に生息
   シダ植物などの下生えが密生した森林内を好む
   羽根は赤褐色で、腹側は淡黄色または白色、顔面に黒い羽根が生えている
   好奇心と縄張り意識が強く、澄んだ綺麗な高音でさえずる
   沖縄本島固有亜種
   天然記念物および稀少野生動植物、絶滅危惧?B(環境省)に指定
   体長14cm
しゃがみこんでコヤブミョウガを撮っていたら、背後の藪にいました
視線を感じたのです
コンデジで野鳥(しかも小鳥チャン)を撮るのは、基本的に無理だと思っています
鳩でもけっこう難しいし、猛禽サイズですら上手く撮れたためしがありません
『ホントウアカヒゲ』も、会うたびに撮ってきました
わりと近くまで寄らせてもらえる野鳥なのに、全ボツ完敗
今回は、私評で“最高レベル”の撮影に成功しました!←自画自賛(笑)
こんなに可愛い鳥だったんですね←鳴き声も可愛いです
撮れて改めて分かった可愛さです(*^^*)
こういうコが、自由に安心して飛び回れる環境が、急速に奪われつつあることに、心が痛みます
絶滅危惧?B類なので、早く対策しないと絶滅しちゃいます(泣)
コンデジでの野生動物撮影は、
ダイビングやスノーケリングの時と同様に、
いかに気配を消して(と言うか、敵意がない事を伝えて?)接近するかにかかっていると思います(特に羽根ある系が相手だと、苦労します)
それなりの撮影機材を備えている愛好家さんには不必要な“忍者テク”(笑)
デジイチにすれば?とかレンズ買えば?とか・・・時々アドバイスをいただきますが、
拙者「忍者テク会得の修業なう」で御座候
いや忍者になりたいわけじゃないんですよ?
いつでも可能な限り自分の五感・・・できれば第六感まで・・・を使って生きていたい
と、そんなふうに思っておるのでRよ←金が無い人間の言い訳

«安曇野、高遠