« 忙しい平日有給 | トップページ | 休日!書かずにはいられないッ! »

2017年8月 9日 (水)

医療従事者のための話し方

今夜は千葉県内の病院にお招きいただきまして、
医療従事者のための話し方と題して
約1時間講演させていただきました。
私なんぞが語ってしまっていいものかと畏れ多かったのですが、
そこはアナウンサー出身のスピーチトレーナーとして、
アナウンサー経験から得た、
信頼関係を築く話し方のヒントを、
お話させていただきました。
患者さんは、症状と、心の不安を抱えていらっしゃると思います。
症状は治療で治せる、
としたら、心の不安は、
コミュニケーションレベルで
かなり和らげられる、
のではないでしょうか。
明日からの日常診療にお役立ていただければ幸いです。
最後のご質問コーナーにありました、
ご高齢の患者さんとの接し方ですが、
補足です!
頷き、を工夫してみるといいと思います。
ゆっくりお話しされる方にはゆっくりの頷きを。
ペースを相手に合わせるのが基本です。
お話をもっとしていただきたい方、
心を開いてほしい方には、
頷いて頷いて、ときには質問した後、黙ってじっと待つ、のが効果的です。
これは、私がたくさん取材でインタビューさせていただいて、自然と身についたように思います。
また、講演の前には、先生のご厚意で、院内を見学させていただきました。
ER、ICUに力を入れていらっしゃる病院で、設備が素晴らしかったです。
先生方もアメリカで救急を学ばれてきた方が多いとか。

よって、
設備も、医療技術も、一流。
さらには、医療者の話し方接遇も一流、
を目指して、こうした勉強会を開催されているとのこと。
patientfirst
患者さんファースト
の医療を。
というお言葉が私も胸に残りました。
お教えする立場で伺いましたが、
たくさん勉強させていただきました。
感謝申し上げます。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

« 忙しい平日有給 | トップページ | 休日!書かずにはいられないッ! »