« 8.10乃? 天気良く、猿がいて、岩魚が美味。 | トップページ | 42苦手意識を克服したい »

2017年8月11日 (金)

文字言葉を生命エネルギー還元させる

文字言葉を生命エネルギー還元させる

文字言葉を生命エネルギー還元させる事は思考概念のエネルギーが定着している場合は文字言葉のエネルギーが感知できません。エネルギーがズレブレになり、歪曲化の現象が常態化しているからです。
また、人が発する文章言葉には、個人の志向性のエネルギーが常に付加されているのです。
聖書経典、文学作品等の名著をいくら読んでも物語ストーリーなのです。思考概念の世界に置き換えてしまうエネルギー変換があるからです。だから読み手の読み取りの感覚の差があるのです。
感覚機能の働きは、人は誰でも同じですが、思考概念が異なるがゆえに自我の都合で変換が起きているのです。直に感じる事あるがままに直感と言う事が排除されているのです。本来は直感体感が働いているのですが、即思考概念の置き換えが生じてしまうから迷い戸惑いが現象化してしまうのです。
感じたままに自然のままにといくら注意され、指導されても思考概念で受けてしまうのです。
今、お伝えしている現象を思考概念で捉える過程が固定化されている事が、終末期になると外れ直感が働くようになるのです。その直感により気づきがもたらされる実例はよく見られている現象です。
文字言葉の生命エネルギーが還元されることにより体感する事になり、様な事に気づくのです。
まあ、この事は誰でも死ぬ間際に気づく事でもあります。だから受け入れざるをえないのです。ごまかしができないのです。それが生命現象エネルギー現象なのです。多くの人にとって文字言葉の変換が還元されるのが終末期なのです。
ごまかしが効くのはエネルギー変換された、諸の思考概念の現象です。それが現代の地球文明なのです。

« 8.10乃? 天気良く、猿がいて、岩魚が美味。 | トップページ | 42苦手意識を克服したい »