« 政吉 | トップページ | ベイスト »

2018年8月12日 (日)

2009年〜2018年 米・実質株価の推移 (景気拡大期) ( その他金融と投資 )

上の最初のグラフは、2009年から2018年までの米国の景気拡大期における、CPI−U(都市部の全消費者)の前年同月比の12ヶ月移動平均の推移と景気指標との関係を表したものです。
点線は、株式投資に適したCPIの上限と言われている、4%のラインです。
この時期は、全ての期間で、4%を下回るインフレ率となっていることから、株式投資に適した時期だと言えます。
上から二番目のグラフは、同じ期間での米・S&P500指数の名目値と実質値の推移です。
グラフ上、実線が名目値で、破線が実質値です。
実質値は、CAB(化学活動バロメータ)の反転が発生した年月を起点として、CPI−U(都市部の全消費者)を使用して、算出しています。
右肩上がりの傾向が長期間継続しており、株式投資のパフォーマンスは良好と言えます。
上から三番目のグラフは、米国の過去のS&P500指数の名目値と実質値の上昇率を景気拡大期毎に示したものです。
グラフ上、緑色が名目上昇率で、橙色が実質上昇率です。
2009年から2018年までの米国の景気拡大期においては、名目の上昇率は、191%だったのに対して、実質の上昇率は、155%となりました。
過去8回の景気拡大期で、名目では上から三番目の上昇率ですが、実質では、上から二番目の高い上昇率となっています。
【注意事項】
1.当記事における景気拡大期は、CAB(化学活動バロメータ)の反転から米国債イールドカーブに逆イールドが出現した時までの期間とし、NBERが発表している公式見解とは異なります。

« 政吉 | トップページ | ベイスト »